2017-11

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

アンナ 感想 3

Image103.jpg ←シャンテ2階で開催されてるパネル展の写真。綺麗よ?

2月まで開催してるそうなので
行く機会がある方は是非!!

QRコードを読み込んで応募すると
サイン入りパネルが当たるそうで・・・
一生懸命読み込もうと頑張りました。

実は、数日前に
携帯を前に使っていた物に戻してて
2年ぶりに前の機種を使い始めたばかりで上手く操作できない 
あまり長時間アンナちゃんのパネルの前で粘るわけにも行かず
泣く泣くあきらめて劇場入りしました。

気に入ってた機種だったのに
旦那のわがままで機種変させられ、引き出しの中で眠ってたピンクの携帯 
  
旦那さんが前のを壊してしまい、新しいのに替えるときに
同じ機種使ってないとダメ!と言われて、無理矢理 私も機種変させられたの・・・
同じ物を持ってないと、旦那さん自分で操作を覚えず全て私任せにするので
自分だけ違う物に出来なかったんです  


2年間使ってないと忘れてることが多い
着メロの鳴り分けがまだ設定出来ません・・・

 
前置きが長くなりました。
アンナカレーニナ3回目・・・
そして、多分my楽 
がっつり見てきました。

今回は、学校も仕事も始まっていたので
余裕で行ってのんびりしようと思ったのに
時間の計算を誤ってしまい
やっぱりバタバタ・・・

慣れ親しんだ宝塚より
30分開演時間が早いのが調子を狂わせる原因かもしれません
年をとると
いろんな物に素早く順応出来なくなりますね 



客席には
チハルさん・たまおさん・ミミさんがいらしてました。

麻ちゃんが、先日のパーティーで
『 近いうちに、ランチ仲間が観劇予定 』 と言ってた
約束を果たしてくれた優しい上級生だな?と
嬉しくなりました。
カーテンコールの最後には
3人に向けて、いたずらっ子のような可愛い笑顔を向けていましたよ 

それにしても、私はチハルさん遭遇率が高い
ミミさんも、たまに客席でお見受けしますが
チハルさんはしょっちゅうです。
それだけ、麻ちゃんの舞台を見てくれてる証拠ですね。
チハル・メイクの麻ちゃんが好きなので
また、写真集とかでメイクしてくれないかな

チハルさんとミミさんが早速ブログに書いてくれましたね。
お食事も行ったそうで
デザート?のケーキ  を前に
にっこりの麻ちゃんです 


ぶー会から
麻ちゃんのカレンダーのお知らせが来ました。
麻ちゃんオンリーのカレンダーが欲しかったから嬉しい 
どんな写真なのか今から到着が楽しみです
 その前に申し込みしなくちゃね・・・お金が飛んで行く?


3回目の感想です
今回は違った部分が見えた感じ
そして、2幕は泣きっぱなしでした。

長いですが
>つづく

 

1回目 上手の端
2回目 どセンター
3回目 下手の端

自分で選んで購入した席です
3枚とも1桁台の列だったので、とても見やすかったです。
クリエはコンパクトな劇場で
客席に傾斜があるので見やすい。
でも、一番端だと壁とお友達で客席から出られないのが難点
あと、客席間の幅が狭いから余計に通りにくいですね。
休憩15分だったので、席を出ずに座りっぱなしでした

今回は見え方が少し違いました。

ヴロンスキーがチャラ男にしか見えなくて
好きになれなかったのですが
アンナが 『 抱いて? 』 と歌い出したときの
本当に嬉しそうな表情をみて
真剣に惚れたんだなこの男は・・・そんな風に感じました。


それにしても
カレーニン氏がいい人過ぎて
そこが今回のツボ・・・

確かに堅物で
愛情表現が足りないというか、下手くそなんですが
愛してるのよ アンナを・・・
彼も、アンナが若い男とそういう関係になったのを目の当たりにして
初めて自覚したんじゃないかな?
だから、アンナには 『 夫婦のふりをして暮らしてる 』 と言われてしまいますが
全てに目をつぶって嵐が過ぎ去るのを待ってる。
きっと、そのうち自分の元に戻るだろうと思ってた。

でもね・・・
赤ちゃんが出来ちゃった。

ここでも、ネックは子供。

アンナも、妊娠しなければ家を出ようとは思わなかった?
ヴロンスキーもきっと、そこまで考えなかったかもしれない。

だたの不倫
一時の過ちで済まなくなってしまったんじゃないかな?

アンナは、自分の生活に満足して無くて
きっかけを待ってはいたけど
不倫して
妊娠して
セリョージャを置いて家を出るまでは望んでいなかった。


駆け落ちして楽しかったのは始めのうちだけで

まだ若いから、何もする事がない生活に飽きてしまい
友人宅や社交の場に行きたいヴロンスキー

自分はどこにも行けず
誰からも歓迎されず
家にこもって無くてはならなくて
ヴロンスキーの言動が気になって仕方ないアンナ


息子のために、母親を悪者にしないように
愛情をもって厳しくいろんな事を学ばせようとしてるカレーニン
台詞の中で
幼い頃に親を亡くしたと言ってました。
自分が苦労したから、息子には同じ苦労をさせないように
一生懸命学ばせてるんだと思います。
そして、
昼間は仕事に追われてるから気にしないで済んでるけど
夜だけはアンナが恋しい・・・


気づいてやってよ?と思いながら泣いてました。
セリョージャの誕生日に家を訪ねてきたアンナを
『 よく、この家に来れたな!』 と言いつつ
泣きながら 『 息子を悲しませないでくれ 』 と頼むカレーニン

最後は、戻るなら受け入れると手を広げてくれる
その愛情に応えるだけの余裕が
アンナにはもう残ってなかったんだな・・・

前に、アンナがヴロンスキーに書いた手紙の内容と
返事が知りたいと言いましたが

親切な方が解説してくれて
けんかして出ていく形になったヴロンスキーに
『 早く帰ってきて! 』 と書いたのに
彼は 『 遅くなる 』 と返事をよこしたらしいです。

それで、アンナは打ちひしがれて
最後の望み
息子に会えたら本当の自分を取り戻せると
汽車に乗って家に向かう
でも、息子には会えなくて最後は自分の命を絶つ


はっきり言って、アンナには共感出来ないです。
かわいそうで泣けますが
共感してない。
だって、私ならそんな選択はしないから。

一番共感できるのはカレーニンだな



3回見て
分かった部分と、分からなくなった部分がありますが
お芝居全てを理解する必要は無いと思うので
良い舞台だった
感動した
麻ちゃん素敵な女優さんに成長したと
そんな風に思いながらmy楽を締めくくりました。
麻ちゃん、2幕最後のところで
ハラハラと涙を流してました。

パーティーでは
感情がこみ上げてくるけど泣けないと言ってたそうですが
その時々で違う感情が出てくるんでしょうねきっと。


最後に・・・

私、
ヴロンスキーよりレイヴィンが好きです
あの、純朴な感じが何ともいえない
キテイと結ばれて良かったね?と
心の底から思えました。





entry_header

COMMENT

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://masaasa.blog8.fc2.com/tb.php/494-36ce1f5b

side menu

side_header

プロフィール

雅深 (まさみ)

Author:雅深 (まさみ)
瀬奈じゅん様・春野寿美礼様
LOVE のブログです。
日常のことなども
気ままにマイペースで綴ってます

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。