2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

アンナカレーニナ 感想!!

書いてたら日付が変わってしまいました。

本日、2010年12月31日 大晦日


私、お誕生日でございます  
 
  10-12-30_001.jpg


写真はおもちゃのバースデーケーキ ( 5センチ大の電気が付く物 )
大掃除をしていて、見つけたので電気付けて祝ってみました。

麻ちゃんと同じ  年女だったんです ( 同い年じゃないです  )

その年女も、今日で終わりなのね・・・

明日はからはもう  年なんですね?
大掃除もやっと終わったので
今日はゆっくり年越しのお料理を仕込もうと思います。



昨日 30日は、アンナカレーニナの年内最終日で
一路さんバージョンだったけど
麻ちゃんもスペシャルカーテンコールに登場して
一路さんと二人で 『 あかねさす・・・』を歌ったそうです。

黒のスーツ姿で登場して( 小池先生の何かの授賞式にお祝いに駆けつけたときのスーツとか?)
男声で歌ったらしくて 
全く・・・相変わらずサービスを忘れないいい人だわ 


年明け、2日は麻ちゃんバージョンから再開ですね。
3日間、しっかり休んで欲しいです。


さて、アンナの記憶が薄らがないうちにと思い
つらつらと書いてみました。

いつも通り、幕間と帰りの電車の中でそのときの思ったことを携帯に打ち込んでおいて
それを少し整理してupしましたが

今回は大半が作品の説明になってしまいました。
麻ちゃんがいかに綺麗で可愛くて
そして、母性愛に満ちていたかも存分に書きたかったのですが
それよりも、なぜか作品内容ばっかりになってしまった・・・

多分、初めての作品だったからでしょう。

麻ちゃんのあれこれや、他のキャストの方については
2回目観劇後に、またしつこく書いていきます

以下、ネタばれしまくりなので
未見の方は、自己判断でお読み下さい。
あくまでも、覚え書きなので違う部分もあるかもしれませんがその辺はご容赦を

写真が出てました → 『ターミナル』



幕開き
生き生きした動き
子供と離れるのは寂しいけど 一人で自由に行動する事への喜びを表してます。
お兄さまが浮気をしてしまい、義姉が怒っているのをなだめるために
お兄さまの所へ汽車での一人旅・・・

歌声が高くて可愛らしい。

そんなウキウキした状態でブロンスキーと出会う
素早く行動を起こした潔さと男らしさに惹かれたのかな?

これが、カレーニンと一緒の時ならこんなに惹かれなかったかも


お兄様と会って
抱っこされてクルクル回されてキャーキャー言っる姿の可愛らしいこと

お兄さまの家に行き
キティとの再会を喜んでいるところで
ヴロンスキーと再び会ってしまう・・・

アンナは、少し気になる・・・
ヴロンスキーは、もうすでに恋に落ちてる。

アンナはその後の、積極的なヴロンスキーの行動に
『 私は結婚している身で他の男性となれなれしくするように人間ではない 』
みたいなことを言っていて
ヴィロンスキーの態度に戸惑い拒絶する。
でも、拒絶していたけれど
心の底ではきっと、ときめいていたのでしょう。

噂が結構出てしまい
アンナはなるべく側に行かないようにしていたのに
最終的には、ダンスを踊ってしまったことが
旦那さんの耳にも入る・・・

旦那さんは、本当は嫉妬しているのにそれを表に出さずに
世間体や自分の地位を重んじる発言をする
アンナはこれがきっかけで、結局ヴィロンスキーの元へいってしまう

カレーニン ( 旦那さん ) と結婚したのは19の時
恋なんか知らない
名誉と財産を持ってるこの人と結婚するのが当然のようで
何も考えずに14歳?年上の人と結婚した。

子供が産まれて、子供は可愛い。
でも、それしかない。
自由になる物は何もない。
旦那さんはいつも仕事と地位のことしか頭にない
旦那さんが愛してくれてるのか分からない

そんな状態で
若い情熱を持ったヴロンスキーが自分を好きになってくれた

初めて、恋を経験したのかもしれない

一直線に突き進んでいくアンナは綺麗な女性でした




旦那さんの留守に自宅にヴロンスキーを呼んで密会??←結構大胆
予定外に旦那が帰ってきて鉢合わせ

そしてついに家を出る

ヴロンスキーと二人だけで何もいらない
そうやって過ごしていたものの
幸せいっぱいなのはほんの少しの間
赤ちゃんを生んで、置いてきた息子セリョージャへの思いが余計強くなる。
世間の目や噂があるので外へは出られないアンナ
眠れないと、薬を服用するようになる。

色々な事を思うと、元の土地へ帰らなくては・・・
でもそのためには。世間の強い風を受けなくてはならない

ヴロンスキーは、アンナのために色々考えて居るようだが
世間から孤立し、息子にも会えず
アンナは精神が少しずつ病んできてしまい
口論が絶えなくなってしまう

親に自分の土地売却のためのサインを貰うため
アンナを一人おいて出かけるヴィロンスキー

そこに、誰も訪ねてくるはずのないのに
キテイが来てくれて
変わらない暖かさで会話してくれ、そして幸せな結婚をすると聞かされる。

もう、どうしようもなく息子の会いたくなるアンナ
ヴロンスキーとの間に生まれた娘の存在が分からなくなってしまうほど
息子と暮らした日々が懐かしくいとおしくて仕方ない。

子供が居なかったらもっと楽だったのか?
いや、子供がいなければカレーニンとの関係も生活ももっと早くに破綻していたかも。


結局、息子との再会も果たせず
途方に暮れて
息子の幸せだけを望んで汽車に飛び込んでしまう・・・




実は、
1幕カレーニンの態度?やり方を見て、まるで自分を見てる感覚がして
凄くアンナに感情移入したけど
カレーニンは表現が下手なだけで、
若くて生き生きしていて息子をこよなく愛する妻を深い所で愛していたんだなと。

それに気づかず、
そして初めての恋に走ってしまったアンナは、少女のままだったのだと思う。

2幕泣きっぱなし
こんなにお芝居を見て号泣したのは久しぶり…

オペラで見ることが出来なくて、目の下にハンカチ当てっぱなし

1幕終わりとか、2幕の幸せな時にラブシーンあり
エリザより濃厚に絡んでキスしてた
ヴロ君がとてもいとおしんで、頬や顎に手を這わせ優しいキスを沢山していました。
アンナからも…

休憩15分を挟んで三時間強の芝居
非常に体力消耗しました。泣いたしね。

またみたいけど、でもキツいな・・・

アンナは救われたのかなって思う
カレーニンが、アンナとヴロンスキーの娘を喜んで引きとった事が救いなの?

私なら
カレーニンが『 戻るなら受け入れる 』と広げられた手にすがってしまったかも…

子供がいる身に取っては、辛い選択を迫られる作品でした。


麻ちゃん、
2幕のキティが訪ねてくるあたりでは涙をぼろぼろこぼして泣いてたが

最後の方の
息子を思い
息子の幻想に対して歌うところ
こちらは大泣きだったけど、案外泣かないで歌ってました
声は鳴き声で、すごい感情がこもってたが
涙を流さずに歌い、演じていました。
ここが最高にすばらしかった。



衣装はどれも綺麗で素敵!

1幕は
・ワインレッドのドレスにケープ・ファーの帽子

・ケープを外したドレス姿 ( 制作発表の衣装 )

・黒のドレス ( キラキラしていてゴージャス。肩を出し、腕も出てる 
         長手袋が片方下がってきてしまい、後ろを向く度になおしてた )

・ピンクのドレス ( 母として一番息子と絡む場面。優しいお母さんです )

・白地に黒のストライブのドレス ( クローケの場面 )

・スミレ色のドレス ( これが1番好き。肩と腕出し。
            デコルテラインが非常に女性らしくて綺麗。案外胸がボリュームあり! )

2幕は
・ブルー地に黒のレースのドレス ( ゲネプロの時のドレス )

・白い部屋着 ( 実はマタニティー・・・セナジュンサンノ マタニティー デスヨ )

・シルバー地に柄が入ったガウン風部屋着

・ブルーのドレス( 2幕最初のドレス )黒のケープ、黒の帽子


カーテンコール3回出てきたが、一言も発さないのはそういう指示なのか?
その方が、感動を引きずったままで家路につけたのだが・・・




entry_header

COMMENT

お誕生日おめでとうございます

雅深さま いつもとても楽しみにしてます
ツイッターで お誕生日おめでとう といいたかったのですが、やり方がわかりません。
麻子さん情報をいつもありがとうございます。
これからも ちょくちょく と言うより しょっちゅう覗かせていただきます。

アンカレ観劇は一月半ばですが もう楽しみで ネタばれなんのそので いろんな情報がないかと 日々ネットをさまよっています

素敵なお誕生日になりますように・・・

虎年さんなんですね ほぼ同世代です

いつもブログを拝見させていただいています。
初コメよろしくお願いしますm(_ _)m
お誕生日、おめでとうござます。
私も同じ日に観劇してました。
汽車に飛び込む前の歌ですが、26日の瀬奈さんは涙がボロボロの大泣きでした。28日はうるんでるだけでしたよね。
日によってこんなに違うのかとビックリしました。毎日違う感情が起こってるんでしょうか。
なかなかあとをひく舞台ですよね。家に帰ってからも思い出します。

くるみゆべし様

誕生祝い、どうもありがとうございます。

ほぼ、同世代ですか?
そういうかたが最近増えてきてうれしいです。
ブログも良くごらん頂いてるようで
ありがとうございます。
1月半ばの観劇ですね。
私は、1月半ばでマイ千秋楽になってしまいそうなので・・・
また、いろいろ書くかもしれませんが
ご観劇楽しんでくださいね。

natsu 様

初コメありがとうございます。

初日はラストの場面泣いていたのですね。
そのときそのときの感情の出方が違うのでしょうね。
これから、まだ見る機会があるので楽しみです。
また、感想などお聞かせください。
誕生のお祝いもありがとうございました

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://masaasa.blog8.fc2.com/tb.php/486-44b3c09b

side menu

side_header

プロフィール

雅深 (まさみ)

Author:雅深 (まさみ)
瀬奈じゅん様・春野寿美礼様
LOVE のブログです。
日常のことなども
気ままにマイペースで綴ってます

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。